ホーム コーヒーブレイク インターネットでラジオを聴く

インターネットでラジオを聴く

 かうひい屋はクラシック音楽が好きで、最近はインターネットでクラシック音楽専門のラジオ局の番組を録音して、店の終了後、音楽を楽しむと言うことをやっています。

 お客様とネットラジオについて話していると「インターネットでラジオを聴くってどういうこと?」「URLを教えて」等、質問をいただきます。何人かのお客様には「ネットでご説明します」とお約束しました。そこでご説明を試みようと思います。

(このページは公開(2007年)から数年経ち、情報が古くなっていますので、検索などにより新しい情報を得られることをお勧めします)

1.2つのタイプ

 インターネットでラジオを聴くには2通りの方法があります。

1.・ホームページで聴くタイプ
ラジオ局のホームページを表示して、直接聞きます。
2.プレイヤーソフトを利用して聴くタイプ
Media Playeritunewinampなどの音楽プレイヤーソフトを利用し、ラジオ局のURLを登録して聴きます。かうひい屋はwinampを使用しています。理由は、録音機能を付加することが出来る、です。

 ラジオ局はgoogleyahooで検索して探します。また前記ご紹介のプレイヤーソフトにもネットラジオを検索する機能が付いています。検索サイトでは「ネットラジオ クラシック」など、検索語を工夫すると様々な局を検索することが出来ます。

2.お勧めのクラシック専門ラジオ局

検索の中で見つけた「お気に入り」の局を2つほどご紹介。お試し下さい。

ottava.gif)
OTTAVA………ホームページで聴くタイプ。日本で唯一のクラシック専門放送局。日本語。
 ご説明………ページ中の STREAMING LIVE RADIO をクリックすると、演奏ページに移動します。
radiostephansdom.gif)
radiostephansdom………プレイヤーソフトで聴くタイプ。ウィーンのシュテファン大聖堂の名を冠したラジオ局。数あるクラシック音楽専門のラジオ局の中でかうひい屋が日頃アクセスするのはここだけ。ドイツ語。
ご説明………あなたの回線速度によってページ中の 32~56~128kBit/s を選択すると、あなたの環境のmp3プレイヤーが起動して、演奏が始まります(のはず)。以後はプレイヤーの「お気に入り」に登録しておいてプレイヤーから呼び出します。
magnatune.com
ラジオ局ではありませんが、こんなのも面白いかも。

インターネットのラジオでは、トラフィック過多を防止するため、「聴かない時は止めておく」のがエチケットだそうです。


3.事前のスケジュールカレンダー

 かうひい屋は興味のある番組を事前に知りたい方なので、スケジュールカレンダーが整ったラジオ局に注目します。現在分かっているのは、radiostephansdom以外では以下の通りです。

WETA
Klassik radio
KXPR
WKSU

4.関連ソフト

 全てフリーソフト(無料で使用することが出来る)です。

WinAmp
かうひい屋が使っている多機能メディアプレイヤー。
streamripper(英語)
WinAmpに録音機能を付加するプラグイン。
WinAmpとstreamripperの説明サイトの例
AudaCity
mp3ファイル編集ツール (本家の日本語サイト
UWSC(日本語)………作者のページ
ウィンドウズ自動化ソフト。例えば、マウスの動きを登録しておいて指定の時間に起動する。録音開始、終了時間の自動化に便利。また、複数のキー操作やマウス操作を登録しておいて、ショートカットで実行することも可。
SuperTagEditor(日本語)………作者のページ
Excelライクな使い方が出来るmp3タグ編集ツール。

 以上のソフトの配布サイトや使用法については「WinAmp 使い方」などの検索語で、説明サイトが多数検索されます。英語版の場合でも、日本語の説明サイトからたどり着くのが吉のようです。「日本語化パッチ」が配布されている場合もあります。

 どのソフトも、かうひい屋の環境では手堅い安定感があります。

ご注意………ソフトの機能名などを日本語化する「日本語化パッチ」は、パッチプログラムとソフト本体のバージョンが合わないと機能しませんので、まず、日本語化パッチの最新版を探し、それに見合ったバージョンのソフト本体をインストールするようにします(ソフトの最新版に日本語パッチが間に合っていない場合があります)。