コーヒーポットの選び方



この項は、内容を変更したいと思っていますので、新しいページ
     「ドリップポットの性能向上」(急須スキッターを使ってみる)
                      をご覧下さい。

お客様の Kさん からドリップ用ポットについてのご質問をいただきました。

Kさん 今日は
秋元@かうひい屋です。

(K さん) wrote:
いつも、美味しいコーヒーをありがとうございます。
実は、コーヒーをたてるときに使うやかん?(名称が解らないのですが・・・)を欲しいのですが、秋元さんところで手にはいりますか?

メールをありがとうございます。
 まず、長文なので要約しますね。

  1. 当店でもドリップ用ポットは販売しております。おすすめです。少々値引き可能ですが、定価は14900円です。
  2. 他のポットを探す時、またはすでにご家庭にある道具を転用なさる場合の要点は………
です。
  1. 当店使用のポットは?………少々高価ですがお勧め
  2. 注ぎ口をつぶす………「点滴」を得るためです
  3. ポットの選び方………「とろとろ」注げるか、「点滴」出来るか、が条件
  4. 最後に「だめ」情報です。………失敗しないために

1:当店使用のポットは?

 当店使用のポットは YUKIWAのコーヒーポット M5 です。少し厚手のステンレス製で全容量750cc。これで、3杯分(120cc×3)を淹れることが出来ます。より多く淹れる場合は、湯を沸かしたヤカンの火を止めておいて、コーヒー抽出中に素早くポットに湯を注ぎ足します。


 蓋は堅牢な蝶番(ちょうつがい)で本体に固定されています。
 湯を入れても取っ手が熱くなることはありません(取っ手の二つの小さな穴がその工夫らしい)


 湯を沸かすには適しません。コーヒーにお湯を注ぐ専用ポットと考えます。「一生もの」として使えます。

 専用ポットを揃えられることはおすすめです。
 多くのお客様がおいしいコーヒーを目指して日夜腐心なさっていらっしゃいますが、ある程度経験を積んでおられる方ならば、「道具」によって「ステージ」がワンランク上がること請けあいです。

2:注ぎ口をつぶす

 かうひい屋のコーヒーを召し上がっていただいて、コーヒーを淹れることを思い立たれたお客様ならば、「コーヒーのコク、甘さ」というものにご注目なさっておられるだろうと思います。その場合、お湯を『点滴』でゆっくり注ぐという技術が必要になってきます。YUKIWAのコーヒーポットは優れたポットですが、「点滴」をするにはまだ難があります。

 左図、購入時のままでも細く注ぐことは出来ますが、下図のようにお湯の出口をペンチ等でつぶして『点滴』を得ます。
深煎りのコーヒーを淹れる場合や、少量(一杯~二杯)のコーヒーを淹れる時は「点滴」が重要な技術になります。
   Aの部分をつぶしますが、案外堅牢なので、私たちも苦労しています。お客様にポットを購入していただいた場合、全てつぶしてお渡ししていますが、Aの部分には「傷」が残ります(目をつぶってもらっています)。


3:ポットの選び方

 で、何か別のもので工夫できないか………、ですが、似たようなポットがスポット的に出回っているのを見かけることがあります。かうひい屋もYUKIWAのM5とほぼ同型の物をホームセンターで見つけて10個ほど購入、お好きなお客様に同額で販売した覚えがあります。

 しかし、ほとんどが条件を満たす物ではありません。
 基本的に、お湯を80%ほど入れて傾けたとき、「とろとろ」と注げるか、かつ「つぶす」などの工夫で「点滴」状態を作り出せるか、が考えどころです。

 「ヤカンの使い方研究」でもご紹介しましたように、ご家庭の道具でも、使用法をご研究なされば、「それなり」の効果を上げることが出来ます。練習の初期には、道具の使い勝手を新たな目で見つめる意味でもお勧めです
 この「研究」をなさった後なら、ポットを購入する目も一際鋭くなっているであろうと期待出来ます。

4:最後に「だめ」情報です。

  1. 琺瑯(ほうろう)製のものだと、つぶすときに表面の琺瑯が割れてしまうので「だめ」です(経験者は語る)。安いのがたくさんあるんですけどね。
  2. お湯の出口が左図のようなのも避けましょう。細く注ぐことが難しいです。かつ、「つぶす」などの工夫が出来ません。
  3. ドリップ用ポットで「お湯を沸かす」のは想定しない方がいいです。他のやかんでお湯を沸かし、ポットは「注ぎ専用」と考えます。
  4. コーヒーをたてるのは、なかなか緻密な作業でもありますので、道具は「大は小を兼ねない」が原則だと思います。あまり大きなポットを購入すると、ご家庭では「やかん」と変わらなくなってしまいます。かつ、あまり小さなものですと、湯温が安定せず、これも不自由です。やはり、750~800ccくらいのものを80%の湯量から始めるのが適当かと思われます。
   以上です。のちほど、「ポット・やかんの使い方」を書きたいと思っています。 

かうひい屋のドリップ