かうひい屋ロゴ
お帰りなさい
テストページ

ドリップの方法

このページの使い方


   *トップページ
   *ご説明の態度

【1】お湯を用意
お湯の温度について湯温をコントロールするためのテクニック。適温88~85度を得るために、その考え方や方法など。

ドリップの流れ
  (深煎りの珈琲編)

【1】点滴
小さな水滴で狭い範囲の珈琲粉を浸し、出来た珈琲エキスで周囲の珈琲粉を浸していく。「珈琲で珈琲を浸す」方法について

【2】蒸らし

【3】抽出