前のページに戻る

2019-07-06XRAIN(エックスレイン)をご存知ですか?

雨の季節

 1991年に開店のかうひい屋は、12年後の2003年に初めて、梅雨末期の大雨による河川の氾濫で洪水に遭い、以後落ち着かない夏を過ごすようになりました。勢い、ネット上の気象情報サイトに詳しくなりました。

スマホ用XRAINの画面

 そして「降雨の現況」を知るために頼りにしていたのがXRAIN(エックスレイン)で、「地図上に雨量をリアルタイムで表示する」サイトです。災害時のみならず 、日常生活にも役立つサイトです。数年前から、気象の話になるたびに「XRAINと言うのをご存知ですか?」と聞くのですが、「いえ、知らなかった」という答えも意外に多く、もったいないと思っていました(スマホ・アプリとして組み込まれている例もあります)。

 雨の季節、使える便利サイトとして、XRAINを紹介します。


XRAINとは

 X-Rainは国土交通省が運営するサイトで、データは1分ごとに細かく更新され、最新のデータが表示されますから、「今から雨が降るであろう」または「止むであろう」等の判断が出来ます。予想サイトではなく、あくまで「変化する現況を克明に伝える」のがミソです。

 興味をお持ちの方は、サイトを表示し、ご自分の居場所等、所定の場所を画面の中央にして、ブックマークして下さい。

 機能はデータ更新(手動)、1時間前からの経過を表示等、現況を把握するために重要な機能があります。スマホ用XRAINは、スマホ専用に作られていて、パソコンからアクセスしても、ボタンの機能などが使えません(下記のようにすれば使えます)。

PCの画面を大型タブレットのように

 以下はパソコンの、少々マニアックな話です。ブラウザ Google Chrome の機能を使って、XRAINを大きな画面で見る、という話です。

 いろいろ頼りになるXRAINですが、PC版には不満もあります。それは「表示画面が小さい」と言うことです。

PC用XRAIN
表示範囲が狭い
PC用XRAIN

 PC版のXRAINは、左図のようにPCの画面は広くても、表示範囲が限られていて、この例では、奄美大島を左下に表示すると、右上は種子島の北が限度です。

 一方、スマホ用のXRAINは、「画面いっぱいに表示する」ように出来ています。スマホでは画面が小さいですが、大型のタブレットなら、大きな範囲を表示して一望することが出来ます。

スマホ用XRAIN を
大型タブレット仕様に

 そして、ブラウザ Google Chrome には、Webページなどの制作者のための「デベロッパーツール」というものがあり、PC上からスマホやタブレット画面をシミュレートすることが出来ます(こういうのをエミュレート機能と言うそうです)。PC上で、この機能を利用してスマホ用XRAINをタブレットモードで表示すると、格段に大きな画面でXRAIN を見ることが出来ます。私のPC上では、左図のように、奄美大島を左下にして関東まで表示しています。

そしてスマホ専用だったボタンの機能が使えるようになるところが、優れものです。

操作方法は以下の通りです。

  • Google Chrome で スマホ用 XRAIN を表示する
  • F12、またはShift+Ctrlを押しつつ I(アイ) を押して「デベロッパーツール」を表示する
  • 「デベロッパーツール」の表示が終わったらShift+Ctrl を押しつつ M を押して シミュレートモードにする
  •    ※その他の表示の仕方もあります。
  • 画面中央 上で モバイルの種類や 縦横などを選択する。

 かうひい屋は作ったホームページの検証のために、複数のブラウザをインストールしていますが、モバイルのシミュレーション機能は、Google Chromeが 一歩先んじているようです。